オ:ファンタジー人名辞典


オイディプス(エディプス)
Oidipus
「ギリシャ神話」
人間、男性
父:ライオス(テバイ王) 母:イオカステ(テバイ王妃)
テバイの王子。 「自分の息子に殺されるだろう」とのアポロンの神託で、 ライオスは妻イオカステに生まれたばかりの子供を殺させようとするが、 彼女は隣国コリントスとの境のキタイロン山中に子供を捨てる。 子供はコリントスの王ポリュボスの羊飼いに拾われ、 オイディプスと名付けられ、王の実子として育てられる。 そして今度は「自分の父を殺し母を妻にする」との神託がオイディプスに下りて、 彼はコリントスを出て放浪する。 その途中にお互いは知らぬまま、彼は実の父ライオスを殺してしまい、 テバイの都で「怪物スピンクスの謎を解けば前王妃を妻として与える」との布告に挑戦する。 見事にオイディプスは謎を解いて、知らずに母を妻とし、テバイの王となる。 やがてポリュネイケス、エテオクレス、アンティゴネ、イスメネの4人の子供が生まれる。 その後、テバイが疫病と飢饉に襲われ、 それを救うには前王ライオスを殺した犯人を見つけ国から追い出せ、との神託が下りる。 オイディプスはその犯人が自分だと知り、 自ら両目をえぐり、娘アンティゴネと国を捨て放浪に出る。
オイネウス 「ギリシャ神話」
人間、男性
父:? 母:?
?の王様?
オイノネ
Oenone,Oinone
「ギリシャ神話」、関連「トロイア戦争」
妖精、女性
父:? 母:?
トロイア戦争でアキレウスを射殺したパリスの許婚だったが、 パリスがヘレネを選んだために捨てられた。 その時に「ヘレネと結婚すれば戦争が起こり、10年後に瀕死になり、 それを直せるのは私だけ」との予言をパリスに伝え、その通り、 瀕死になったパリスはイダ山中の彼女の元を訪れるが、 彼女は追い返し、パリスは息絶える。 しかし、後悔の念に駆られた彼女はパリスの火葬の火の中に身を投げる。
オエディプス(エディプス)
Oedipus
「ローマ神話」
人間、男性
父:? 母:?
ローマ神話でのオイディプス。
オーク
Orc
「ホビットの冒険」「指輪物語」
怪物、男性
父:ー 母:ー
オグマ
Oguma
「ケルト神話」(島)
霊感、言語、知識の神、男性
父:? 母:?
島のケルト(イギリス、アイルランド)におけるオグミオス。
オグミオス
Ogmios
「ケルト神話」(大陸)
言語、文明の神、男性
父:? 母:?
大陸のケルトにおけるオグマ。 弓と棍棒を持ち、ライオンの皮をかぶった老人の姿で描かれる。
オクロニサート 「ケルト神話」
人間、男性
父:? 母:?
騎士。
オクローン 「アフリカ(ナイジェリア:イフェ)神話」
海の神、男性
父:? 母:?
オケアノス
Okeanos,Oceanus
「ギリシャ神話」
巨神族、男性
父:ウラノス(天空の巨神) 母:ガイア(大地母神、巨神)
巨神族の一人で海の神。 ティタノマキアで中立を守ったため、ゼウスの勝利後も海の神でいた。 同じティタン(巨神族)の姉(妹)のテテュスを妻として、 後にアテナを生む娘メティスを成す。 3000人の海の妖精(オケアニス)も彼らの子供だとされている。
オシリス(ウシル)
Osiris
「エジプト神話」
豊穣、冥界の神、男性
父:ゲブ(大地の神) 母:ヌト(天空の女神)
双子の兄妹の神ゲブとヌトが成した最初の子。 自身も妹イシス(大地の神)を妻として、天空の神ホルスを成した。 悪神の弟セトに殺され、復活したところから冥界の神の役割を持った。 死から復活するにはオシリスの裁判を受けなくてはいけないとされる。
オーディン
Odin
「北欧神話」
主神、魔術、戦の神、男性
父:ボル 母:ベストラ(巨人)
原始の神ブーリが巨人族の女ベストラと成した子でアース神族の王となった。 兄弟神ヴィリとヴェーと三人で巨人族の祖ユミルを倒し、その死体から世界を作った。 またトネリコの木からアスク(男)、ニレの木からエムブラ(女)という最初の人間を作ったとされる。 知識を得るために、巨人ミーミルに片目を差し出したので隻眼となり、 ルーン文字を発見したため魔術も使えるとされる。 普段はアースガルドにある館(ヴァルスキャルヴ)にある玉座フリズスキャルブに座っている。 魔法の槍グングニルを持ち、八本足の馬スレイヴニルに乗り世界を駆ける。
オデュッセウス
Odysseus
「ギリシャ神話」
人間、男性
父:? 母:?
イタカの王。 太陽神ヘリオスの娘キルケと結ばれテレゴノスを成す。
オドゥドゥア 「西アフリカ神話」
大地の神、女性
父:? 母:?
オバタラ 「西アフリカ神話」
天の神、男性
父:? 母:?
オメテオトル
Ometeotle
「アステカ神話」
至高神、男性
父:ー 母:ー
最初の神で、対立する二項を内在する「二元性の神」とされる。
オリオン
Orion
「ギリシャ神話」
男性
父:?ポセイドン(海の神)? 母:ガイア(大地の巨神)?
ポセイドンの子、 またはガイアの子だとされるが出自ははっきりしない。 狩りの名人で水の上も歩けるなどとされる。 キオス島の王オイノピオンの娘メロペに恋をして、 「獅子を倒したら娘を与える」との王の言葉で獅子を倒すが、 王は彼を盲目にして海に捨てる。 太陽の神ヘリオスのおかげで視力を取り戻したオリオンは、 次に暁の女神エオスと恋に落ちる。 エオスの変化に気付いた狩りの女神アルテミスは彼に一目ぼれしてしまい、 二人は結ばれるが、妹の変化にとまどった兄神アポロンは、 アルテミスを騙してオリオンを殺させる。 嘆いたアルテミスはゼウスに頼んでオリオンを星座にしたとされる。
オリファウント
Oliphaunt
「ホビットの冒険」「指輪物語」
怪物、?
父:? 母:?
オルペウス
Orpheus
「ギリシャ神話」
男性
父:?(トラキア河の神) 母:カリオペ(ムサの長女)
最初の詩人で音楽の天才だったとされ、竪琴を作り演奏した最初の人間。 妖精のエウリュディケと結ばれるが、英雄のアリスタイオスに襲われ、 その逃げる途中で彼女は毒蛇によって命を落とす。 オルペウスは冥界までエウリュディケを探しに行くが、 その竪琴によって冥界の神ハデスの元までたどり着く。 しかし、オルペウスはハデスの「太陽の元に出るまで、 後ろを歩くエウリュディケを振り返ってはならない」との約束を守りきれず、 二人はまた離れ離れになる。 オルペウスはその後、どんな女性の誘いにも乗らなかったので、 怒ったトラキアの女たちに生きたまま引き裂かれ、 冥界でエウリュディケともう一度結ばれる。
オルンガン 「西アフリカ神話」
神、男性
父:? 母:?
オレステス 「ギリシャ神話」
人間、男性
父:アガメムノン(人間、ミュケナイ王) 母:クリュタイムネストラ(ミュケナイ王妃)
ミュケナイの王子。 トロイア戦争のギリシャ側大将だった父王アガメムノンの留守中に、 母クリュタイムネストラはアガメムノンの従兄アイギストスと不倫関係になり、 夫アガメムノンを二人で騙し討ちにする。 娘エレクトラはオレステスを助け、 王位を奪ったアイギストスと実母クリュタイムネストラを仇として殺すが、 オレステスはその罪に耐えられず狂気に苛まれる。 その後、神々に許され、ミュケナイの王となった。
オログ=ハイ Olog-Hai 「ホビットの冒険」「指輪物語」
巨人、男性
父:? 母:?
オロクン 「西アフリカ神話」
海の神、女性
父:? 母:?
オロルン
Olorun
「西アフリカ神話」
創造神、男性
父:? 母:?
ナイジェリアの天空神であり、創造神。 オドゥドゥアの作った人間に命を吹き込んだのもこのオロルン。 時々、蜘蛛の糸をつたって地上に降りてくると言われている。
オロメ
Orome
「シルマリルの物語」
精霊、男性
父:? 母:?
上級精霊ヴァラアルの一人で狩りの支配者。 悪のヴァラアルであるメルコオルの配下の怪物たちを殺した。 ナハアルという名の馬に乗っている。

「?」は確認中。
※名前をクリックすると詳細ページへ、登場作品をクリックするとAmazon.co.jpの紹介ページへ




ミニミニ用語辞典

名前 説明 登場作品
オノゴロ島 イザナキとイザナミが天と地にかかっている天の浮き橋に立って、 浮遊する国土を天の沼矛(ぬぼこ)でかきまわしてできた最初の国土。 「古事記」

Copyright©2005- えんじぇる. All Rights Reserved. (無断転載禁止)
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー